トップイメージ

どこにでもある初心者用の外為取引の教科書では、「損失を被った場面ではナンピンでポジションの平均をコストを低くする事が出来る」等記述されていると思いますが現実にはナンピンには罠が潜んでいます。カイテキオリゴ 店舗

とりあえず、ナンピンのロジックに関して簡単に説明しておこう。ビタミンとは?種類や特徴・効能・働きなどビタミンについて知ろう!

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。家の掃除費用

$買いなので、円安ドル高に推移するほど黒字が出るわけだが95円まで円高が進んでしまったとします。顔がかゆい

その状況でポジションを所有し続けたら、利益がでるためには損失分円安ドル高に進む必要があります。

誰もが、赤字は早めに取り戻したい願うでしょう。

この状況を乗り切るためはじめに取引したのと同額分の$(ドル)を1ドル95円で買い増しする。

そうしたら、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

要するに、2円50銭の幅でドル高が進めば、損を回復する事ができます。

それが、ナンピン買いの方法です。

このとおり、ナンピンの理屈を耳にすると「納得だ」という考えになるがマーケットは易々と問屋を卸しません。

だいたい、1ドル95円が下値だということなど、誰にもわからないのである。

もし、マーケットが相当の円高ドル安基調だとすると、1ドル95円では止まることなく、一段の円高ドル安に向う確率が高くなります。

仮定として、97円50銭でナンピンをして95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピンした分にも、為替差損が生じます。

この状況では、最初に持ったポジションと合わさって損失が生まれます。

このように、ナンピンは難解です。

それならば、相場があなたのストーリー展開とは逆向きにさっと進む場合、どのやり方で危険を回避すればいいのでしょうか。

ここで選択する選択肢は2つだけあります。

まずはじめは観念して損切りをする事です。

もうひとつの方法としては、その時点で、自分が持っているポジションを縮小することで改めて為替相場が回復するのを待ち望むことです。

だいぶ受動的な手段だと思う投資家もいるでしょう。

しかしながら、自分が所有しているポジションに差損が出た場合、最も効果のある方法はこれ以上のものはありえません。

確かに、ロジックのうえではナンピンをしてみる対策もありえます。

けれどもナンピン買いは、自分が損失を披っている状態で買いポジションを減らすどころかそれとは反対に買いポジションを重ねていく方法である。

この対策では、危険を管理することなど、到底不可能だと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ければいつかは損失が回復するかもしれません。

だがしかし、それより前にお金がショートしてしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.leroyland.com All Rights Reserved.