トップイメージ

外国為替証拠金取引(FX)においては取引所取引というものがございます。キトー君

普通の外国為替証拠金取引(FX)企業と取引をする事柄を「店頭取引」と呼ぶのですが、この取引に関しては取引所を通過させず取引の目標は外為取引(FX)業者になるのです。79-16-86

「取引所取引」という所はFX業者はあくまでも橋渡し役でありますので、率直の売り買い対象は取引所を意味する事になるのです。79-9-86

この違いをこちらでいくらか比べてみましょう。79-19-86

「店頭取引」の際は一時預かりしてある証拠金はFX(外国為替証拠金取引)会社にコントロールされているのです。79-8-86

反面「取引所取引」の場面、お金は全ての額取引所にデポジットしなければいけないと義務になっているのです。79-7-86

そうする事でもしFX(外国為替証拠金取引)会社が倒産するなんていうことがあっても、後者は、取引所によって証拠金が全金額防護されることになっています。79-3-86

時は外為(FX)業者が束ねしているから、状況により業者経営の行き詰まりのしわ寄せををこうむり預け入れていたお金は防衛されずなのかもしれないです。79-5-86

及び税金面でも両者双方条項に相違が存在します。79-4-86

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として賃金と一緒に計算して申請せねばいけません。79-1-86

しかし確定申告せず良い機会もありますので、自己にマッチするかどうか確かめるようにしていただきたいです。

万一貴方がビジネスマンでサラリー二千万円以下給与の所得以外の儲けが20万円以下(複数の会社から賃金所得は無いということ)といった内容を守っているなら特例として確定申告はしなくてよいのです。

外為収益が20万円以上の折は確定申告をしてください。

税率は収益に応じて5%〜40%の6つの段階に均分されていて利益が高いのなら税も高くなります。

「取引所取引」に関しては、もうけがあるのであればそれ以外の稼ぎとは別口として「申告分離課税」の対象となってしまいます。

税率は全て同じ20%となるんですが欠損が確定したのであれば「取引所取引」の得策として赤字分を来年以降に先延ばしができるのです。

上記のように、「取引所取引」の方がより低価格な税になるケースもありますので比較してみて考えた方が良いと思います。

ことに不慣れな者のケースは、JASDAQ株価の変動や円の状況に日々行き届き、収益や赤字にスリリングな事で、税金の事実を忘れて放置になってしまうこともありがちです。

赤字は困りますが、実入りが増加すれば税金も額が増えるので注意と実感をもつ事が重大になってきます。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.leroyland.com All Rights Reserved.