トップイメージ
犬を飼う時に室内犬であれば散歩をしなくても良いですが、多くの場合では散歩を必要とします。 しかしただ歩かせるだけでなく、色々と注意すべき事があります。 まずは犬というのは人間のように言葉を理解しているわけではないのです。 その為に人間がしっかりと管理した上で安全に散歩をさせる必要があります。 この安全というのは犬自身の安全もそうですが、他の人など事も指します。 犬は人を追い回してしまったり、噛み付いたりする事もあるので、リードをしっかりと管理出来るような状態にしておく事も重要な事です。 暴走してしまった時にリードを上手く使う事で回避したりする事が出来るからです。 その為に人とすれ違う時には犬の事を注意しつつ、歩行者の事も考える事によって安全に犬を散歩する事が出来るようになります。 このような安全な犬の散歩をする時には、犬の特性や特徴を知っておくと、事前回避もする事が出来るので、日頃から犬の行動を見ておく事によって快適な犬との生活をする事ができます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.leroyland.com All Rights Reserved.