トップイメージ
人間には免疫という素晴らしい機能が備わっています。体を壊しても免疫により回復してくれます。傷口が自然に治るのもそのためです。ですがその免疫もいろいろな要素によって低下してしまうことがあります。それが疲れであったり、年齢であったりします。さらにストレスがそのための要因になるのです。 ストレスが体をじわじわと蝕んでいき、免疫機能を低下させていきますので、あらゆる病気の元にもなってしまうのです。ストレスはできるだけ溜めないようにしたほうが体に良いのは確かなことです。それにより肌も元気がなくなってきます。 ストレスを完全になくすことは難しいので、うまく対処するようにすることができます。ストレスになりやすいのは多くの場合は感情が関係するものであり、人間関係ではないかと思います。気難しい上司のもとで働いていたり、職場や学校でいじめや嫌がらせを受けているかもしれません。こうしたことは大きなストレスになるので、解決のためにできることを早めに考える必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.leroyland.com All Rights Reserved.