トップイメージ
「スプレッド」とはFXは通貨ペアを売り買いして差益を生む取引です。取引の値段は、四六時中動いています。これが為替です。テレビのニュースをみていると、通貨のマーケットの情報が流れる場合があります。よく見かけるのが、「今のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを示しています。トレードには買いと売りの値が存在するのです。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示する取引業者もあります。普段は買値よりも売値のほうが安い価格に定められています。自分が買値は高く、売値は低くなります。その差をスプレッドといいFX会社の稼ぎとされています。スプレッドの差は業者によって異なります。スプレッドの狭さは投資家にとって支出となるので小さいFX取引会社をセレクトするほうが優位です。ただし、同じFX業者でも場面に応じてスプレッドの狭さは広くなったり狭くなったりします。日常的にはドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さとは言っても為替相場の動きが激しいケースでは3銭、4銭になったりします。なので、スプレッドが狭いのと固定しているのが肝心です。今では固定したスプレッドの差を提示するFX業者も多数存在しています。現実にFX会社の売り買い画面の上で実際の相場を確認しなければ判断できないので億劫ですが、必要不可欠な事です。多くのお金を使って注文するのですから、売り買いの前に魅力的に思えた業者の取引口座開設をどんどんしてスプレッド幅を確認しましょう。同じペアでも、その場面での変動率によって外貨のスプレッドの広さは変わります。通常、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドが狭く、残りのペアではスプレッドの広さが大きくなる傾向にあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.leroyland.com All Rights Reserved.